フリーランス主婦の孤独LIFE

映像翻訳者になって早10年。仕事、育児、お金、孤独な引きこもり生活のいろいろ。

「家内労働者等の必要経費の特例」計算書の書き方

前回、確定申告についての報告をしました。

ついに青色申告決算書&確定申告書作成が終了! 2018年の年収は?

また更新がしばらく滞っておりました。

字幕制作ソフトを巡る訴訟やら何やら

今や字幕制作に欠かせないソフトであり、字幕翻訳者の相棒的存在のSSTG1。

お買い物パンダのぬいぐるみが可愛すぎ! 楽天・パンダフルライフの記録

ある日、楽天から小さな宅配便が届き、開けてみるとお買い物パンダのぬいぐるみが! それからお買い物パンダのぬいぐるみのとりこになり、コツコツと集めて5個になりました!

映像翻訳関係のお薦め記事など

私が最近読んだ映像翻訳関係のおすすめ記事をご紹介します。

小学生の下校時間は? フリーランス母の子、放課後(帰宅後)の過ごした方

2019年に入り、あっという間に1月も半分を過ぎましたね!

父子帰省のすすめ フリーランス主婦には最適!

正月休みも終わり学校も始まり、すっかり通常モードになりましたね。

フリーランス、取引先へのお歳暮、年賀状事情 

あけましておめでとうございます。

映像翻訳者ミフミの2018年仕事まとめ 年収は増えた? 減った?

今年も、残すところあと5日。

今こそ、フリーランスは消費税を請求しましょう!

恐らく今年2回目でしょうか。 // 中小企業庁から「消費税の転嫁拒否等に関する調査」の手紙が届きました~。

チャイルドから3通目の手紙が届きました! プラン・スポンサーシップ

プラン・スポンサーシップで、カンボジアの女の子マカラとの交流が始まったのが2月。

ドラマ字幕翻訳の掛け持ち、最後の最後でやらかしたミス

前回の記事から約1か月。何とか修羅場を乗り越えました!

またドラマ2シリーズ掛け持ちで、ゲッソリきてます

またブログの更新が滞っている今日この頃。

2020年分から青色申告特別控除が55万円に引き下げ! ついにe-Tax導入を検討・・・

今年も残り約2か月となり、フリーランスの身としては「そろそろ帳簿をつけねば!」という気になってきました。

ドラマシリーズは1人で担当するのが理想 字幕翻訳者の愚痴

NETFLIX、Amazon Primeなど動画配信サービスの急成長で、日本語版制作業界にも大きな弊害が生じています。

仕事がない時の営業メール フリーランス翻訳者の仕事獲得あれこれ

フリーランスをしていると仕事が途切れてしまうこと、ありますよね!?

翻訳者になりたい人にお薦めの本5選

昨年、「映像翻訳について知りたい人にお薦めの本5選」という記事を書きましたが、映像に特化せずとも有用な本がいくつもありますので、最近読んだものから昔なじみのものまで、5冊ご紹介したいと思います。

チャイルドから2通目の手紙が届きました! プラン・スポンサーシップ

プラン・スポンサーシップで、カンボジアの女の子マカラとの交流が始まったのが2月。

フリーランスママ、子供は保育園? 幼稚園?

私ミフミは30代前半で第1子を出産。 約2か月後には仕事を再開しましたが、子供が生後8か月を過ぎた頃、 保育園に入園させて本格的に仕事復帰となりました。

SSTG1の不具合、バグ? ファイルに書き込めない現象

昨日、すでにスポッティングだけ取ってあった作品の翻訳作業に取りかかりました。

落ち込んでいます

今日はタイトルそのまま!

ウルフェス(ウルトラマンフェスティバル)2018へ行ってきました レポ、感想など

今年も「夏はウルフェス」。 5歳の息子とウルトラマンフェスティバルへ行ってきました。

フリーランスが舐められているのを痛感したあるメール

もう数か月前になりますが、「貯蓄セミナー」に関するメールが届きました。

2018年 西武線スタンプラリー「ぐでたま」と「仮面ライダービルド」を同時に達成してきました 感想など

昨年もスタンプラリーに関する記事を書きましたが、子供たちはスタンプラリーが大好き!

埼玉県立川の博物館「かわはく」へ行ってきました ウォーターアスレチック施設「荒川わくわくランド」で水遊び

数年ぶりに、埼玉県寄居町にある埼玉県立川の博物館こと「かわはく」へ行ってきました。

前年の収入を上回るためには、仕事を増やすしかないと悟った平成最後の夏 字幕翻訳料金レート低下を嘆く

大げさなタイトルですみません。 今流行の「平成最後の夏」を使ってみたかっただけです。

「家内労働者等の特例」で更正の請求後、住民税が還付されました

「家内労働者等の特例」更正の請求シリーズ(勝手にシリーズ化)、最終段階の住民税が還付されました。

JALのキッズおでかけサポート、今年も利用しました 反省点など

昨年、夏休みに小学2年生の娘を1人で飛行機に乗せて祖父母宅へ行かせましたが、今年も同じようにJALのキッズおでかけサポートを利用しました。

修羅場【怒涛の納期ラッシュ】を乗り越えて アラフォーに徹夜はツラいよ

久々の更新です! ブログを始めてから、2週間以上放置したのは初めてではないでしょうか。

在宅翻訳者でも、ワンオペ育児中の子持ちは不利らしい

夫と私の実家は遠方で、夫は朝早く出ていき帰りも遅いので、我が家はいわゆる「ワンオペ育児」の環境です。