フリーランス主婦の孤独LIFE

映像翻訳者になって早10年。仕事、育児、お金、孤独な引きこもり生活のいろいろ。

劇団四季「アラジン」を観てきました ファミリーゾーンならどの座席がいい?

f:id:mifumis:20171228000548j:plain

夏休みにも、小学2年生の娘と行ったミュージカルのことを書きましたが、

今度は冬休みに入って劇団四季の「アラジン」を観劇してきました。

 

 

www.mifumis.work

 

 

チケットを予約したのは9か月前

「アラジン」のチケットを予約したのは、遡ること3月のことです!!

実はこの時点で、夏休みに四季のミュージカルを観たいなと思っていたのです。

しかし、すでにいい席が埋まっていたので、泣く泣く12月分を予約することになりました。

それでも狙っていた2階最前列は中央が埋まっていたので、やや端寄りです。

みんな、一体何か月前に予約してるの!?

 

子連れならファミリーゾーンがお得

 

劇団四季の一部の公演には「ファミリーゾーン」というものが設けられていて、

子供料金(半額)が適用されます。

「アラジン」なら、S席一般が11,880円のところ、ファミリーゾーンなら子供料金が5,940円。

www.shiki.jp

 

ただし、ファミリーゾーンは1階の端の一部と、後ろから4列目まで、そして2階の前から8列目までに限られています。

個人的には、1階の後列よりは2階の前列のほうが断然に見やすいと思います。

 

また、「アラジン」は魔法のじゅうたんのシーンが2階から見るほうがいいとネットでちらほら見ていたのですが、

結論から言うとホントによかったです!!!

 

子連れでの劇団四季観劇

f:id:mifumis:20171228001524p:plain

私自身は、「ライオンキング」、「キャッツ」、「オペラ座の怪人」、「美女と野獣」、「マンマ・ミーア」に続いて6回目の四季観劇。

娘は、2歳の時の「美女と野獣」以来ですが、その時は最後まで観られず。。。

 

「アラジン」の上演時間は2時間45分という長丁場。

しかし小学2年生になった娘は、さすがに無事に落ち着いて観劇できました!!

 

「アラジン」の感想ちょっとだけ

序盤から群舞あり、豪華絢爛な衣装でホントに引き込まれました。

ジーニーのコミカルなパフォーマンスと、アラジンとジャスミンのロマンスは文句なしでしたが、

脇を固めるアラジンの友達3人組、ジャファー&イアーゴ、ジャスミンの父親もすばらしかった。

 

私が気に入ったのは、魔法のじゅうたんでアラジン&ジャスミンが歌うシーンとジーニーの金ぴかの群舞のシーン。

魔法のじゅうたんは、糸で釣ってるように見えなくてホントに飛んでるんじゃないかと思ってしまいました。

娘は、アラジンが洞窟にランプを取りにいくシーンがスリリングで気に入ったとのことです。

洞窟のシーンは、小さい子にはちょっとだけ怖いかもしれませんね。

(うちの4歳の息子は絶対ダメだと思う。。。)

 

"A Whole New World"の訳詞

翻訳者として気になったのは、"A Whole New World"のサビ部分をどう訳すか。

映画では、そのまま「ア・ホール・ニュー・ワールド」としていたり、

「新しい世界」という歌詞につながるよう流れに合わせた訳になっていたりして、

定訳がないんですよね。

 

それがミュージカルでは、

アラジン「自由さ~」

ジャスミン「自由よ~」

となっていました。

 

直訳の「新しい世界」とはちょっと違うニュアンスですが、

魔法のじゅうたんで飛ぶシーンにぴったりでした!!!

 

プログラムに訳を手がけた高橋知伽江さんのインタビュー記事がありましたが、

この方はあのアナと雪の女王の訳詞も担当されているんですよね~。

 

やはり、記事でもこの「自由」のことが言及されていて、とても興味深く読ませていただきました。

 

まとめ

 

 

子連れでも大人だけでも、「アラジン」は見ごたえのある極上のエンタテインメント!

チケットが取れないのも納得です。

 

普段は仕事と子供の送迎だけの隠居みたいな生活ですが、「アラジン」に非日常的なときめきをもらいました~。

また機会があれば、娘と観に行きたいと思います。