フリーランス主婦の孤独LIFE

映像翻訳者になって早10年。仕事、育児、お金、孤独な引きこもり生活のいろいろ。

チャイルドから2通目の手紙が届きました! プラン・スポンサーシップ


f:id:mifumis:20180925221249j:image

 

プラン・スポンサーシップで、カンボジアの女の子マカラとの交流が始まったのが2月。

 

 

www.mifumis.work

4月に初めての手紙が届き、

 

www.mifumis.work

返事を出してしばらく待つこと8月初旬頃、2通目の返事が届きました!

前回はお花の絵だけでしたが、今回は写真のとおりメッセージもありました。

 

 

チャイルドのマカラは、どうやらまだ字を書くことが難しく、どなたかが代筆してくださったようです。

内容と読むと、私の1通目の手紙に対する返事などが書いてあったので、実質これがマカラからの最初の手紙ということになるのでしょうね。

代筆ボランティアの方も忙しいでしょうから、前回は絵だけになってしまったのかもしれません。

 

そして、さらにこのクメール語カンボジア人のボランティアが英語に翻訳してくださったものが、私の元に届きます。

誤字脱字満載で文法的に「?」な英文もありますが、何とか意味は分かります(笑)。

代筆者、翻訳者の方に感謝、ですね!!

ちなみに英語をさらに日本語に翻訳して届けてもらうこともできますよ。

その場合時間がかかりますので、私は英語のままもらっています(一応翻訳者なので笑)。

 

マカラは9歳で学校にも通っているのですが、字を書けないというのはやはり日本の教育とのギャップを感じますね。

まず日本では、小学校に通っている9歳ならほぼ100%字は書けますものね。

いつか彼女の直筆で手紙が届くことを楽しみにしています。

 

さて、今回の手紙の内容は以下のとおり。

 

こんにちは。

皆さんお元気ですか?

私と家族は元気です。手紙を書いてくれてありがとうございます。

手紙、写真、絵、鉛筆2本、シール、折り紙、ヘアゴム、消しゴム2個を送ってくれてありがとうございます。

私は黄色と赤が好きです。

授業の復習をしたり、絵を描いたりすることが好きです。

フルーツを食べるのが好きです。

家族は農家で、カシューナッツジャックフルーツやキャッサバを作っています。

今は雨季で、農家はお米やトウモロコシ、ゴマ、大豆を作っています。

私をチャイルドとして支援してくれて、とても感謝しています。

皆さんお元気にお過ごしください。

 

私、あまり東南アジアに詳しくないのですが、バリ島に10日ほど滞在したことがあります。

ジャックフルーツ、キャッサバ、と聞いて「あれね!」と懐かしく感じました。

カシューナッツね~。どうやらカンボジアはナッツの名産地のようですね。

今後はナッツの原産地に注目して、カンボジアのナッツを購入してみたいと思います。

 

 

3通目の手紙はまだ用意していないので、また改めてご紹介したいと思います。