フリーランス主婦の孤独LIFE

映像翻訳者になって早10年。仕事、育児、お金、孤独な引きこもり生活のいろいろ。

映像翻訳関係の求人情報 求人は増えているの!?

笑顔でバイト雑誌を見る人のイラスト(女性)

動画配信サービスの急成長によって、近年映像翻訳者が不足していると言われ続けています。

 

確かに私自身も、ありがたいことにこの数年はスケジュールがいっぱいなことが多くて、

廃業を考える余裕もない状態です(笑)。

 

www.mifumis.work

 求人情報はどこで見つける?

 

私が今までに取引してきた会社は9社ありますが、

どのようにして仕事受注に至ったか振り返ってみたいと思います。

 

 

・アメリア経由で応募、採用(4社)

・制作会社のウェブサイト上の求人に応募、採用

・制作会社のウェブサイト上の求人に応募、トライアルを経て採用

・求人は出ていなかったが制作会社に履歴書を送って売り込み、採用

・以前勤務していた日本語版制作会社

・退社した担当者さんの転職先からの依頼

 

要するに、アメリア経由、直接応募、知人経由の3パターンですね。

ただ直接応募する場合は、その企業の評判など事前に調査したほうがいいと思います。

過去に痛い目に遭っていますので。。。

 

www.mifumis.work

 そのような手間、リスクを考えると、アメリアの利用は非常に効率的だと言えます。

 

www.mifumis.work

 

翻訳関係の求人サイト

アメリア以外に翻訳関係の求人サイトといえば、

「翻訳者ディレクトリ」が有名ですね。

ただこちらは無料で利用できることもあり、

必ずしも信用できる企業ばかりが登録しているとは言い切れません。

 

私は一度だけ、翻訳者ディレクトリからある会社に応募したことがありますが、

1巻6,000円の案件しか依頼されないので、

はっきり「その料金ではお受けできません」と言ったところ

何の連絡もなくなりました。

 

ちなみに最後の打診は、90分ドキュメンタリーを5万円で。

でもこんな料金を打診してくるってことは、どこかに受ける人もいるんでしょうね。

この料金で、どんなレベルの翻訳を求めているんだろう?

と純粋に思ってしまう。。。

 

求人サイトを見てみました

さて、現在アメリアと翻訳者ディレクトリに掲載されている求人情報を

ちらりと見てみました。

 

【字幕翻訳者・チェッカー募集】
・在宅勤務
・SST所持者を優先
・英語から日本語、日本語から英語の両方をできる人
・【報酬】応相談
・応募条件
 ・TOEIC800点以上ある方
 ・海外に1年以上在住経験がある方
 ・日本語が堪能な方
・字幕翻訳未経験でも学校などで修了されている方は歓迎

 

【映像翻訳者・チェッカー募集】
・企業紹介・製品紹介ビデオなどのナレーション翻訳・チェック
・字幕翻訳(外国語訳・和訳)・チェック
・テレビ番組の字幕翻訳・チェック
・【報酬】字数・ワード数×報酬レート(内容によるため要相談)
・必須スキル
 ・Word/Excel/Outlook Express操作可能な方
 ・TOEIC900点以上の方
 ・字幕翻訳および翻訳チェックの実務経験がある方
・SST操作可能な方歓迎


【映画・ドラマにつける日本語字幕制作】
・多言語→日本語の字幕翻訳が可能な方(以下、いずれかの言語)
(1)北京語(2)広東語(3)マレー語(4)タガログ語(5)タイ語(6)ベトナム語(7)ヒンディー語(8)クメール語(9)インドネシア語(10)アラビア語(11)フランス語(12)ドイツ語(13)スペイン語(14)ポルトガル語(15)イタリア語(16)ロシア語(17)チェコ語(18)オランダ語
・応募資格

 ・弊社のルール・締切りを守れる方、迅速にコミュニケーションが取れる方
 ・映像再生ソフト、エクセル・ワードをお持ちの方(SST所持の方、歓迎)
 ・映像分野のエンタメ翻訳に興味をお持ちの方
 ・日本語ネイティブor相応の日本語力をお持ちの方

※一部編集しています。

 

う~ん、いずれも報酬が明記されていないのが気になります。。。

実務経験者やSST所持者が優遇されるのは、共通の特徴ですね。

 

まとめ

 

アメリアの映像翻訳関係の求人数は、私が独立した当時と比べて劇的に増えているようには感じませんでした(2018年2月現在)。

 

ただ求人数は時期によって変わるので、書き入れ時にはもっとたくさんの案件が

出るのではないかと思います。

(今の時期は、割と求人が少ないほうだと思います。)

 

一方翻訳者ディレクトリのほうは、英語以外の言語の求人放送翻訳の分野の求人が多い印象です。

根気よく探していれば、優良企業の案件も見つかると思いますので、チェックする価値はあるでしょう。

 

採用情報や企業のリストは、イカロス出版「通訳者・翻訳者になる本」のような出版物にも載っていますので、定期的にチェックしてみるといいと思います。

 

映像翻訳の仕事やトライアルをお探しの方は、

あらゆるメディアを通じて求人情報をチェックして、

ぜひともチャンスをつかんでくださいね。