フリーランス主婦の孤独LIFE

映像翻訳者になって早10年。仕事、育児、お金、孤独な引きこもり生活のいろいろ。

カンバス社のSSTG1シリーズ、フリーランス映像翻訳者が買うならどれがいい?

f:id:mifumis:20171026003723j:plain

字幕翻訳者にとって欠かせない字幕制作ソフトがSSTG1です。

私が日本語版制作会社に入社した当時は、SSTでmdbデータによる字幕制作を行っていました。

その後、SSTがG1へと大幅にアップグレード。

ちょうどその頃、私もフリーランス翻訳者として独立することになりました。

 

 

10年以上前に買ったSSTG1

 

当時は「SSTG1」というものしかなく、値段も35万円近くするべらぼうに高い代物でした。

 

高額な買い物はかなり勇気が要りますが、SSTは制作会社で使い慣れているソフトでしたし、新人がフリーランスとしてやっていくにはSST所有が必須なのは分かっていたので、自分への投資と思って購入しました。

 

現在もこのSSTG1を使って仕事をしていますので、あの時思い切って購入してよかったなと思っています。

 

SSTG1はWindows 10での動作が保証されていない

半永久的に使えると思って購入したSSTG1ですが、カンバス社によるとWindows 10での動作が保証されていないのです。。。

聞いたところによると、Win 10にバージョンアップしても問題なく使えているという方と、全く使えなかったという方と、2通りあるようです。

PCの環境やG1のバージョンによって異なると思われますが、SSTG1自体がサポート対象外となってしまっているため、カンバス社に対応を求めることもできません。

 

私は現在、Win 7を使っているので問題がないのですが、PCの買い替えと共に乗り換えをする必要が出てくるかもしれません。

こちらの記事にも同じことを書き込みました。 

 

www.mifumis.work

 

G1シリーズ、現在購入できるのは4種類

私が購入した当時は「SSTG1」の一択でしたが、今では以下の製品があります。

 

SSTG1 Pro

Net SSTG1

SSTG1 Lite

SSTG1 Lite 2

 

この4種類。

カンバス社の機能比較のサイトがあります。

字幕制作ソフト SSTG1シリーズ機能比較 | 株式会社 カンバス CANVASs Co.,Ltd.

 

まず、Proは企業向けだと思います。

お値段30万円(税抜)。私がSSTG1を買った時より安いんですけどね!!

ラインナップの中では、最も高額。

 

そしてNetは、カンバス社の主力製品でしょう。

SSTG1のように買い切りにすると、継続的な売り上げにつながらないことに気づいて開発した製品(と思われます)。

初期費用+利用チケットが必要になります。

 

LiteはSSTG1の流れを引き継いだ製品で、買い切り。

 

またLite 2は、保守費用が必要。

つまりNetとLiteの間に位置するような製品と言えるでしょう。

 

今買うなら、NetかLite 2の二択

NetとLiteが発売された当初、私ならLiteを買うなと思いました。

G1発売当初はアップデートしてもバグが多くて、無償アップデートに魅力を感じなかったし、やはり「買い切り」のほうが何かと安心かと。

 

しかし、先に挙げたように

「SSTG1はWindows 10での動作が保証されない

というような事態が起きると問題です。

 

Windowsのバージョンアップと共に、Liteも使えなくなる日が来るかもしれない。

そう思うと、LiteよりはLite 2のほうが安心かな。。。

 

とはいっても、私も現在サポート対象外のSSTG1を使えているわけですから、Liteも長年使える可能性は大いにありますけどね。

 

気になるお値段は・・・

 

 ◆すべて税抜価格です。

<Net SSTG1>

初期費用59,800円(60日チケット付き)

※SSTG1からの乗り換えは39,800円

年間保守費用(365日利用チケット)35,760円

※SSTG1からの乗り換えは23,760円

アップデート随時

 

<SSTG1 Lite>

初期費用198,000円

アップデートなし

 

<SSTG1 Lite 2>

初期費用198,000円

※SSTG1からの乗り換えは119,800円

年間保守費用(365日利用チケット)19,800円

アップデート年1回

 

初期費用は圧倒的にNetが安い。

Lite 2は保守費用を毎年払うことを考えると、買い切りとは言えない。

初期費用が高額なLite 2のメリットって何なんだろう。。。

 

まとめ

SSTG1を始めとする買い切り製品は、消える運命にあると言えるでしょう。

Lite 2は、Liteユーザー向けのフォローのためにできたものだと思いますが、新規・乗り換えでの購入だと初期費用が高すぎて全く魅力を感じません。

 

ラインナップが増えすぎて分かりづらいのですが、要はカンバス社が個人の翻訳者に売り込みたいのはNetでしょう。

もうNetに一本化してくれたほうが分かりやすいんですけどね。

 

もう少し私はSSTG1で粘りたいところですが、その時が来たらやはりNetに乗り換えたいなと思っています。