フリーランス主婦の孤独LIFE

映像翻訳者になって早10年。仕事、育児、お金、孤独な引きこもり生活のいろいろ。

翻訳者ネットワーク「アメリア」★【11/28まで】お試し会員登録でどなたでも入会金が0円に!

終わった仕事はきっぱり忘れる 忘れすぎていて驚いた話

前回チェックバックについて書きましたが、私は終わった仕事のことは

きっぱり忘れるタイプなので、立ち直りも早いほうだと思います。

 

新人の頃は、自分の担当作品のオンエアチェックをしたり、

DVDを買ってチェックしたりしていましたが、最近では一切なし。

そういえばここ数年、ネット配信の仕事が多くなったのもありますが

DVDの仕事をしてもサンプル版が送られてくることが少なくなったような気がします。

自分の担当作品のパッケージすら見てない有り様!

 

で、たまにテレビを見ていて

「このドラマ見たことあるな~」

・・・数分後

「私の字幕じゃん!」

なんてこともあるのですよ。

「きっぱり忘れる」どころか健忘症レベル。。。

 

さて本題。

実は先日、とある大作映画の特典映像を担当することになりました。

過去に4作品公開されているシリーズものです。

 

「1~2作目は見たけど3作目は見てないな~。見たほうがいいかな」

と思っていたのですが、結局時間が取れなくて断念。

その後特典を納品してデータ整理をしていた時、

なんとこの3作目のデータを発見しました!

本編プラス特典のデータ。私は特典を担当していたのでした。。。

 

もうだいぶ前の仕事だったとはいえ、自分の忘却能力(?)が恐ろしいです。

たまには過去データを整理したりリストを作ったりして、担当作品を把握しておかないといけませんね。 

こうしてブログに記録しておくことも、ど忘れ予防によさそうです!