フリーランス主婦の孤独LIFE

映像翻訳者になって早10年。仕事、育児、お金、孤独な引きこもり生活のいろいろ。

吹替翻訳に特化した講座について調べてみました

ヘッドホンのイラスト

 

2週間の無職状態を経験した私。

 

 

www.mifumis.work

新規開拓もそうですが、吹替への参入についても考えるべき時が来ているのかもしれません。

 

ただ、すごく葛藤もあります。

吹替を受注し始めたら、吹替ばかりを担当することになるんじゃないかとか(その前に仕事さえ回ってこないかもしれないけど)、

やっぱり本当は字幕が好きなんだよなあとか、

吹替ができるようになれば仕事は増えるだろうが、そもそもこの仕事を一生続けるのかとか。

もちろん翻訳の仕事は大好きですが、一方でまた昔やっていたように子供に関わる仕事をしたいという思いもあります。

 

考えてもすぐに答えを出せませんが、とりあえず吹替だけを学べる講座があるだろうかと思って調べてみました。

 

私が見つけた限りは、

・フェローアカデミー 映像翻訳コース中級 吹替(通学)

・ワイズ・インフィニティ 吹替・ボイスオーバー翻訳講座(通学)

アルク映像翻訳Web講座 スキルアップコース 吹き替え(ボイスオーバー)(通信)

です。

 

アルク映像翻訳Web講座 が一見魅力的に感じたのですが、よく見たらリップシンクじゃなくてボイスオーバーだけの講座じゃないの。。。がっかり。

以下に詳細を記載します。

(2019年6月現在の情報です。)

 

【フェローアカデミー 映像翻訳コース中級 吹替】

120分×9回(隔週土曜日)
受講料 99,900円(税込)

※試験あり

 

【ワイズ・インフィニティ 吹替・ボイスオーバー翻訳講座】

120分×12回(毎週土曜日)

入学金 20,000円(税別)

受講料 120,000円(税別)

 

アルク映像翻訳Web講座 スキルアップコース 吹き替え(ボイスオーバー)】

標準学習期間3か月

受講料 44,743円(税込)

 

 

通信でできたら、仕事しながらでも無理なく学べると思ったけど、

先に言ったようにアルクのはボイスオーバーのみなんですよね。。。致命的!

フェローとワイズだったら、私ならフェローかな。

子供都合もあって毎週土曜日時間が取れるかどうか微妙だし、ワイズは入学金という壁もある。

 

ちなみにフェローもワイズも4月からの講座なので、もう今期は申し込めないのですが、恐らく定期的に同様コースの開講があるかと思います。

ご興味のある方はチェックしてみてください。